床材

県民共済住宅で選んだ床材~我が家の4床材(1階編)

スポンサーリンク

どこにどんな床材を使いましたか?

県民共済住宅で選んだ床材は、この4つです。

・朝日ウッドテック:ブラックウォールナット(オプション)
・ダイケン    :ハピアフロア ホワイトオニキス  (標準・オプション)
・札鶴      :ダークブラウン (標準)
・ウッドワン   :ハードメープル  (標準)

床材と、利用した場所はこんな感じです。1階と2階で床材を分けました。

場所メーカー仕様備考
1階玄関・廊下・リビング・ダイニング朝日ウッドテックブラックウォールナットオプション
トイレ・洗面所ダイケンハピアフロア ホワイトオニキス標準
キッチンダイケンハピアフロア ホワイトオニキスオプション
階段札鶴ダークブラウン標準
2階各部屋・廊下ウッドワンハードメープル(クリア)標準
脱衣所・トイレダイケンハピネスフロア標準

玄関

朝日ウッドテックのブラックウォールナットは、県民共済住宅の玄関タイル(標準)のエタニティアイアンとも相性良かったかなと思います。

我が家は土間玄関が良く、このような作りになりました。のれんの向こうは、内玄関になっています。
※内玄関とは、家族だけが出入りする場所です。

あと、床材(フローリング)の貼る向きについてです。こちらは、長手方向になっています。

見た目に、奥行が感じられるようになります。このあたりも、設計士さんから床材の向きをどちら(長手or短手)にしますかと聞かれると思いますので、考えておいた方がよいポイントです。

内玄関の床も、ブラックウォールナットになっています。

家の中から見た玄関と床です。

和風な作りの格子玄関にも、このブラックウォールナットの渋さがマッチしています。

玄関框

框(かまち)とは、玄関床の”はし”に渡している木材の部分です。こちらも、朝日ウッドテックの玄関框にしたので、オプション費用がかかりました。

→の部分(内玄関への入り口、玄関ニッチの物置台)については、別の材質の木材となっています。ブラックウォールナットとは、色が異なっているのがわかると思います。

廊下

玄関入ると、三協アルミリヴェルノ(色:ビターナット)の階段脇格子を取り付けています。

床色よりも濃い格子ですが、同色系の濃淡で良かったかなと思います。

ここを曲がると、廊下が延びており、リビングダイニングのドア(左手側)、洗面所・トイレ(右手側)になります。

壁にリクシルのエコカラットを飾っています。ここのフローリングの流れは、短手になっています。

洗面所

洗面所の下は、県民共済住宅のトイレなどでは標準で使われるダイケンの ハピアフロア ホワイトオニキス にしました。水まわりは、拭きやすい素材が良く、こちらにしました。

写真下部に見えると思うのですが、床の見切り材は白の物が使われています。※見切り材とは、床と床の境い目に使う材料。

この白の見切り材は、使っていくうちにだんだん、黒ずんでいきますし、ゴミも溜まりやすくなるので、はい、お掃除ポイントです。

トイレ

こちらは、標準のダイケンのハピアフロア ホワイトオニキスです。

トイレと洗面所のつなぎ目は、ドアに合わせた茶色のレールが引かれます。はい、レールにごみ溜まりますので、ここもお掃除ポイントです。

ダイニング

ダイニング側の床です。広い場所だと、無垢材の良さがわかります。まだ、引き渡し時で何も敷いていない時です。

現在は、ダイニングテーブルを置いているので、下には、サンゲツのタイルカーペットを敷いています。落ち着いたブラックウォールナットなので、グレー系とも相性が良いです。

リビング

リビング側は、ラグを敷いてます。さすがに、床の上でゴロゴロするのは痛いですし、傷防止も兼ねて。子供達もまだ小さいので、広く遊べるようにソファーは置かず、クッションを置いています。

クッション、おすすめです。ロボット掃除する時は、ベンチの上などにあげておくと、全部屋掃除してくれるので。

ちなみに、ラグを外すとこんな感じです。

お天気の良い日にラグをあげて掃除する時は、ルンバ(掃除)+ブラーバ(床拭き)にお願いしています。

すでに、3年経過する頃なので、日焼けしてしまったかなと思います。

あと、ここには、床暖房も入れています。

子供達は、つみきなんかで遊ぶことも多いので、なかなか小さい傷はついてきています。まぁ、家族の思い出として・・・。

和室とのつながり

和室は、3枚の引き戸を入れましたので、このような感じとなりました。ゴミ溜まりますよね。引き戸レールは、お掃除ポイントです。

和室を詳しく御覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

キッチン

キッチン側の床は、油汚れなども気になったので、オプションでダイケンのホワイトオニキスにしました。※洗面所・トイレ以外で、ホワイトオニキスを利用する場合は、別途費用がかかりました。

こちらの床は、冷たいという感想も聞かれたので、キッチンで作業する下に、床暖房を入れました。

そして、今回の床選びで、かなり迷ったのが、キッチン床とウォールナットの木材をどこで分けるかです。

キッチン床とダイニング床の分け目

2素材の床が入るので、おかしくないかなぁ、どこの位置が1番ベストなのか・・・。答えがなかなか見つからず、検索しまくってもよい場所がわからず。

設計士さんと相談して、このあたりで、ということでこちらに決まったと思いますが、個人的には違和感なしで、2素材使って良かったなと思いました。

奥のあいている場所は、冷蔵庫置き場です。

話しは床材からそれますが、冷蔵庫の置き場を作ると、スッキリ収まるのでオススメです。スペースがあればご検討ください。

最後に、ホワイトオニキスの床材、固いものを落としてしまい、傷をつけてしまいました。結構、目立ちます。。。気をつけてくださいね。

勝手口の框

キッチンには、勝手口を設けたので、こちらの框もホワイトオニキスにしました。ここも別費用がかかってきます。ホワイトオニキスと、玄関タイルのグレーも相性良いですよね。

まとめ:1階は、オプションでこだわった

我が家は、階段と2階の床は標準にして、コストを抑えたのですが、1階はこだわって、追加費用で、全面、朝日ウッドテックのブラックウォールナット、キッチンは、ダイケンのホワイトオニキスにしました。

みんながくつろぐリビングとダイニング、自分がメインで動くキッチン下の3か所には床暖房も入れました。とても暖かく、快適です。

すべてにお金はかけられないので、メリハリを利かせ(1階は、来客もある、2階は家族だけのスペース)、オプション、標準の使い分けで目標金額に近づけました

朝日ウッドテックのウォールナットのサンプルで見る床材では小さくて、なかなかイメージがわかないと思います。

お時間あれば、新宿の東京ショールームに足を運んでみてください!部屋一面で見られて、触れられるので、雰囲気、無垢材の良さもよくわかると思います。

参考になると嬉しいです。

というわけで、以上となります。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

あなたのおうちが、快適で素敵な空間になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tokotokoをフォローする
tokotokoすまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました