その他

県民共済住宅の家に住む前に~引越し作業とゴミ処分~

スポンサーリンク
tokotoko
tokotoko

夢の新居の引越し前に、引っ越し作業と不用品の処分は計画的に!

我が家は、住んでいた家を解体、100m先のマンションへの仮住まい、県民共済住宅の夢のマイホームに戻るという引越しを経ました。

その都度、大量の不用品が出て費用が発生したり、無料で処分できたり、中古買取のお店に持ち込み少しばかりの小遣いをゲットしたり。

どこにどのような処分したかお伝えしたいと思います。

捨てる

解体業者

我が家は、義父母の建てた家に数年住まわせていただいた後、この家を解体、その後、県民共済住宅で新居を建てました。壊す家には、長年使った古いエアコン、照明器具、家具などがあり、これらの処分が発生しました。

解体は、県民共済住宅の解体実績のある業者さん、2社に見積もりをお願いして、安かった業者さんに依頼しました。

エアコンや照明器具に関して、依頼した解体業者さんは、解体と同時に処分もしてくれるということでした。別の解体業者さんでは、これらのゴミ処分は、別途費用が発生するとのことでした。

解体業者さんへ、家の中の物の廃棄処理は、細かく聞かれると良いと思います。処分できる、できない、別費用なら対応するなど、業者さんによって違ってきますので。

我が家の場合は、家具等の処分は、解体業者よりも引越し業者の方が安く処分できました。

引越し業者

我が家は、100m先のマンションへの仮住まいを決めました。
遠くないので、自分で運べる物は自分で運び、大型家電・家具類をお願いすることで引越しコストの削減を行いました。

そこで、引越し業者は地元のなんでも屋さん業者を3社探し出し、自分で電話、見積り比較し安いところに決めました。

依頼することは、下記となりました。
・古い家具の処分
・家の敷地内の車庫へ家具の仮置き移動(新居で使うベッド、家具等)
・仮住まい先への引越し作業(洗濯機、冷蔵庫、家具等)
・新居が出来上がった際、仮住まいからの引っ越作業

解体業者さんが、処分できないとNGを出した古ソファーや鏡台、家具類。1点ずつの処分費用の合計より、「トラック載せ放題が安い」とのことで、大型粗大ごみは、引越し業者へお願いしました。

仮住まいへの引越しや、家具処分等で感じのよかった業者さんだったので、新居への引越しもお願いしました。

しかし、養生もせず、引越し作業を始め、、、新居の壁に家具をぶつけ、壁が少し凹むという事件が発生。。。驚いたのが、何事もなかったように作業を再開し、大きな凹みでなかったので、特にこちらからも言わずでしたが、新居だけにとても残念でした。

安いだけで選ぶとこんな事もある?!かもなので、引越し業者選びも慎重にされた方が良いです。

一度に引越し業者の価格比較ができるサイトも色々あります。しかし、見積依頼すると、すぐに沢山の業者から電話・メールがくるので、都度対応するのが厄介な方には、向いていないかもです。

しかし、一回で色々な業者の価格比較できるのは、便利ですね。

近くのゴミ集積所

私の住んでいる市には、毎月破砕ゴミ(プラスチック類、ラグ等)・小型家電の日などがあるので、そこに合わせて、自分で運べるプラスチック製品の衣装ケース等は、1年ぐらいかけてチョコチョコと捨てにいきました。

まだ引越しまで期間があるなら、一部屋づつ整理していき、ゴミを溜めて、次のゴミの日に出すなど計画的に出していきましょう。

住んでいる市のゴミ処理所に、自分の車で持ち込み

私の住んでいる所沢には、市が運営しているクリーンセンターがあります。ここに自分の車で持ち込めば、ゴミ処分してくれます。

入口で、車に乗ったまま、所沢市内在住かの確認のため、免許証の提示を求められます。

問題なければ、そのまま巨大なゴミ捨て場へ案内され、女性一人でも、数人のおじさん達が車からゴミを出すのを手伝ってくれるので、ワゴン車いっぱいでも、あっという間に作業は終わります。捨てる物によっては、有料の場合もあるようですが、私は無料で捨てることが出来ました。

余談ですが、ゴミの山を見ると、「こんなにゴミって出るのかぁ・・・」と、ゴミ処理所の姿を見て、罪悪感が湧いてきます。

そこで、私のオススメな方法としては、まずは中古買取ショップに持って行き、そこでも買い取ってくれない物はそのままゴミ処理所へ車で持ち込む。少しでも、捨てる物が減るといいですよね。

埼玉県内にも沢山ある、ハードオフセカンドストリートなどの中古買取ショップ。こんな物でも買ってくれるんだ~という物もありますよ。雀の涙くらいの金額かもしれないですが、誰かにまた使われる方がいいかな・・・と。

捨てずに移動(仮置き)

まだ使えるベッドや、一部家具は、家の敷地内にある車庫へ移動させました。捨てるのはもったいないけど、仮住まい先へは持っていけない物が出てきたのです。

大きなベッドの解体や移動も夫婦だけでは難しかったので、引越し業者にお願いしました。

もし、同じように一時的に収納場所に困っている方は、レンタル倉庫、トランクルームなどを活用されても良いのではないでしょうか?

↑↑↑
埼玉県内でもキティちゃんの看板見かけます。最短2か月から利用できます。

↑↑↑
埼玉県内にあり、短期間の利用も可能です。

あと、我が家は5人家族で、オフシーズンの衣類やおもちゃ、本、食器類なども、結構な量がありました。新居裏の義父母の空き部屋で一時預かりしてくれたので、助かりました。

スーパでもらった段ボールにも詰めましたが、足りずに購入もしました。

洋服など柔らかく壊れない物は、箱も足りなくなったので、45Lの大きいゴミ袋に入れたりも。

箱は、後で処分も大変ですが、ゴミ袋だと、小さくなり、また、ゴミ用に使いまわしできたので、オススメです。

我が家は、義父母の空き部屋に半年以上置かせていただけたのですが、大型ではない、箱詰めの荷物の仮置き場も必要です。トランクルームに預ける量はない、という方には、お値段も手ごろなこんなサービスも。

↑↑↑
箱に詰めて送って、保管。最低利用期間は、6か月。

↑↑↑
宅配型収納サービス。最低利用期間は、2か月。

仮住まい先には持っていけない物の一時保管場所の検討もお忘れなく。

捨てずに売る(中古買取)

引っ越しまでの時間もあって、手間暇かけられるならフリマアプリもいいかもしれませんが、一度に処分したい時は、中古買取ショップが時短で良いと思います。

先日も、部屋の整理で、ハードオフに持っていきましたが、平日午前中でも、日や時間によっては、査定のため、店内で30分ぐらい待たされることもあります・・・。

持って行くのが面倒・そんな時間がない方には、箱に詰めて、送るだけというサービスもあります色々な買取業者さんいるので、捨てる前に、ご自身で検索されることオススメします。

捨てるより、リサイクルで誰か使ってくれる人がいるなら、その方が良いですよね。

埼玉県内にお店もあり、ネットでも中古買取できるショップです。

↑↑↑
・ブランド品などKOMEHYO (コメ兵)

↑↑↑
・エコリング、TVカンブリア宮殿でも取り上げられていました。

↑↑↑
・洋服などセカンドストリート

↑↑↑
・本・CD・DVD・ゲームのブックオフ

私も、本や、パソコンなど利用しました。

箱に詰めて、指定日時に玄関先まで宅配業者が引取りに来てくれるので、重たい物は、本当に助かります。パソコンは、古すぎてお金にならなかったのですが、重たい物を運んでくれた上に、処分までしてくれて助かりました。

あと、これは、実家での楽器の中古買取経験です。

小学生の頃にやっていたピアノが20年以上放置され、両親も処分に困っていました。

ピアノ一括査定に依頼したところ、業者間で買取価格に差がありました。7万~13万円くらい。両親もゴミ同然と思っていたところに、2階から無料で運んでくれて、お小遣いまでもらえたので、喜んでいました。

一括査定すると業者からの電話、メールが複数来るので厄介ではありますが、やはり、一括比較できるのは便利です。

まとめ:不用品処分や業者選びもお早めに

県民共済住宅に行って設計士さんと打合せして、各メーカーのショールームに回って、家の構想を練ってと、色々と新居に向けてやること多いですよね。

しかし、それと同時に、不用品の処分、引越し業者も早めに手配した方が良いです。

新居が出来上がると、引越し作業と片付け、同時進行で、日常生活も始まります。なかなか怒涛な日々です。

そして、新居になると、やっぱり、新しい物を買いたくなってしまうんです。。。そう、処分したとしても、日々、荷物は確実に増えていきます。

なので、新居への引越しは、なるべく身軽に!思い切って、今、断捨離頑張ってください。

捨てるだけでなく、中古買取なんかも上手に使いながら、物のリレーも出来るといいなぁと個人的には思います。

というわけで、以上となります。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

あなたのおうちが、快適で素敵な空間になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tokotokoをフォローする
tokotokoすまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました