その他

県民共済住宅の家を建てる前に解体しました~解体費用や期間など~

スポンサーリンク
tokotoko
tokotoko

義父が建てた家を壊し、そこに県民共済住宅の家を建てました。その時の、解体費用や期間などをお伝えします。

我が家は、40数年以上前に建てた義父の家で結婚後、数年、暮らしました。

県民共済住宅の新居を構えるため、この家を解体しました。

本日は、解体した時のお話です。

県民共済住宅では、解体してくれなかった

以前は、県民共済住宅で解体も請け負っていたようなのですが、2018年当時、県民共済住宅では解体お受けできません。との回答でした。

ご自身で業者を探してください。と。

そこで、以前、県民共済住宅での解体実績ある2社に、自分で電話して、見積もりをお願いしました。

解体費用の見積もり依頼

まずは、家を建てる1年以上前に、2社に電話。
ざっくりと、内容・期間などを聞いて、解体時期が近くなったら、詳細な見積もりで現地に伺うので、また、連絡をくださいとのことで終わりました。

実際に、現場で見て、詳細な見積もりを出してもらったのは、解体する2か月前でした。

解体費用の見積もり比べ

県民共済住宅でだいたい解体値段が決まっていたので、何社も見積もりとってもあまり、変わりませんよ。と、当初、電話では聞いていました。

でも、見積もりを取る時は、2社以上で比較するほうがベストかな?と、思っていたので、2社(以降、A社・B社と呼びます)に依頼をしました。

A社は、社長のおじさんが来てくれ、現場をざっくりとみて、だいたいこれぐらいですね、と。

B社は、社員(多分・・・)の方が来られて、しっかりと測量されて、細かに確認されていきました。

そして、後日出てきた見積もりを比較すると、

A社(すごいざっくりな見積書):約140万円(税込)/32坪
B社(詳細な見積書):約180万円(税込)/40坪

40万円の差額が出ておりました。
そもそも、家の坪数が、違っていました(笑)

きっと、40坪くらいはある家だったと思うのですが・・・。

やはり、念のため、2社以上の見積もりを取られることをオススメします。

ちなみにA社さんへの支払いは、解体後、3日以内に銀行振込とのことでした。

注意!解体時に含まれる物、含まれない物

業者さんにも、値段にも納得できたので、我が家はお安い見積もりのA社さんにお願いしました。

A社は、古い家のエアコン(室外機含む)、照明器具等も込みで解体費用の見積もりが出ておりました。

B社は、エアコンや家電製品等含むゴミに関しては、別費用いただきますと見積もりに記載がありました。

このあたりは、解体見積もりを出してもらう時点で、細かに確認された方が良いと思います。

我が家は、古い家具等も複数あったので、A社さんに確認したところ、家財ゴミは、4トン1台で別費用で対応してくれるとのことでした。
※結果、引っ越し業者さんの方が安かったので、そちらでゴミ廃棄はまとめてお願いしました。

庭の石や植木もお願いしました

古い家と新しい家の配置が変わることで、庭の石や木などの撤去も、解体業者さんへお願いしました。

せっかく、義父母が40年以上育ててきた木も一部、さようなら~をしてしまいました。

そう!壊すのは、家だけでなく、庭も対象となります。

木の根っこは厄介だからね~などと、社長に言われた記憶があります。

家だけでなく、庭の石や木も撤去、廃棄、敷地内へ移動など、細かく見積もり時に確認されると良いと思います。後から追加する方が、重機を再度入れないといけないので、お値段高くつきますよとも、言われました。

汚いレンガ石などは、廃棄をお願いし、大きな庭石などは、まだ使えそうだったので、敷地内へ移動のみしてもらったものもあります。

解体期間

我が家の場合は、40坪程度で、2週間くらい。実際には、もう少し短かったです。

仮住まいから、見える距離の解体だったので、よく覗きに行っていたもので。

(おまけ)解体時期は、土用の期間をはずしました

主人は、信心深いので、解体時期は土用の期間を外しました。

土用のウナギという言葉をよく耳にしますよね。あの”土用”です。

土用の期間に、やってはいけないこと。それは、土を動かすこと。

詳細を知りたい方は、どうぞこちらをご覧ください。

土用期間「やってはいけない」と言われていること

土用期間中は土を司る神様が支配する期間のため、土用期間中は土を動かしてはいけないとされています。

具体的には、草むしりのように土をいじることや、井戸を掘ること、家を建てたりすることなどを「土動かし」と言い、土用期間には禁止とする風習がありました。

じゃらん:土用とは?

まぁ、そういうことで、県民共済住宅や解体業者さんの都合ではなく、我が家都合でこの期間を外して解体をお願いしました。

気になる方は、今年度の土用を調べてみてください。毎年、少しづつ日付が変わるようなので。

まとめ

解体費用、いかがでしたでしょうか。
こちらもまとまった金額必要なので、資金計画に入れて準備してくださいね。

実は、後日談がありまして、新居完成後、家の周りに古いブロック塀があったのですが、そちらも外構でやりかえようとなりまして、再度同じ解体業者さんに依頼しました。

新居になると、塀も新しくしたくなるものです・・・。

追加で約50万円かかりました。

解体は、一度にお願いした方が金額安くすむよ、と社長さんにも言われてしまいました。

我が家のように、依頼漏れないようにしてくださいね。

参考になると嬉しいです。

というわけで、以上となります。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

あなたのおうちが、快適で素敵な空間になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tokotokoをフォローする
tokotokoすまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました