県民共済住宅の窓は、YKKにしました~1階前編~

スポンサーリンク
tokotoko
tokotoko

YKKの窓は標準で、網戸やハンドル、電動シャッターは、オプションで採用しました。

我が家の場合、外壁はALC(旭化成パワーボード)にしたいと決まっていたので、「それなら、窓はYKKがいいですよ」との設計士さんのアドバイスでYKKを採用させていただきました。

お恥ずかしながら、私は、家づくりをはじめてから、窓には「沢山の種類やサイズ、部屋に適した窓」があるのをYKKのショールームで知りました。

当初は、ネットで探した真似したい素敵な家の外観をイメージ図として、設計士さんに提出したことで、外観に合わせたオシャレな窓をご提案をいただいたのですが、使い勝手を考えると、変更した窓などもありました。

外観も重視したいですが、部屋の目的にあった窓選びも大事ですよね。

きっと皆さんも、外観からはこの位置にこの窓、でも実際には、この部屋にこの窓で使い勝手よいのかな?と、お悩みだと思いますので、我が家の部屋と窓が参考になれば、幸いです!

1階図面と外観

少し出来上がりとは違っている部分もありますが、外観は、こんな感じです。

旭化成さんに作成していただいた外観イメージ

窓のシリーズ

我が家が2018年採用した窓のシリーズは、県民共済住宅の標準品でした。

YKKの窓「APW310、APW311」APWシリーズ
色:カームブラック
サッシ内観色:ホワイト

※現時点では、県民共済住宅のYKKの窓シリーズは、変更しているようですね。

窓の種類

我が家が採用した窓の種類は、全部で5種類。

・上げ下げ窓:上下にスライドして開閉
・縦すべり出し窓:室外側に押し出して開閉
・横すべり出し窓:窓の下側を室外側に押し出して開閉
・引違い窓:左右の窓をスライドして開閉
・FIX(固定)窓:開閉しません
※各窓には、透明・不透明を選べました。

シャッターについては、

1階:電動シャッター(オプション)三和シャッター
2階:手動シャッター(手動)

網戸については、オプションでクリアネットにしました。

・すべり出し窓は、全て室内固定網戸

すべり出し窓は、オペーレーターハンドルで、くるくる回しながら開閉するので、少し手間がかかります。こちらのオペレーターハンドルは、オプションで採用しました。

網戸は、室内側に入っているので、室外の網戸より汚れは少ないかなと思いますが、、、、でも、時間がたつと汚れるのでお掃除は必要です。

窓の目的

窓って、家を建てる時に改めて思うのが、色々な目的があり、それに合った種類が沢山用意されていることです。

窓の役割って何だろう?あらためて考えてみましょう

・断熱、採光、熱取得、通風、眺望、コミュニケーション、暴風、防犯、防音、デザイン

YKK住まいの快適と窓のカンケイ

玄関

我が家の家のテーマに、「和モダン」があり、玄関は、こだわって引き戸(LIXIL)にしました。

網戸がついているので、開けっ放しにすると(防犯上良くない・・・?)通気性も良いです。

そして、主人が当初から言っていた「玄関に地窓」

窓はYKK、玄関はLIXIL、別メーカーできるの?と思った方、よく県民共済住宅をご存じです(笑)

そうなんです、本来であれば、窓と玄関のメーカーは揃えた方がコスト増しないのですが、今回は、玄関引き戸にこだわってLIXILを採用した結果、「玄関運搬割増費用(2018年当時25,000円)」が発生しました。特別なこだわりがない場合は、窓、玄関、同じメーカーに揃えた方が良いと思います。

この窓は、

・FIX(固定)窓:開閉しません
・サイズ:16009
・透明

玄関なので、明かりもしっかり入ってきて良かったのですが、実物は、自分達のイメージよりサイズが大きかったです。そのため、すべての家工事が終わった後に、防犯対策も兼ねて外に「縦面格子」を追加でつけることとなりました。

今は、簾(サンゲツ製)をつけています。

この窓、外から見ると、昼間は反射して中は見えにくいのですが、明かりがつくと、家の中の様子が良く見える(丸見えに近い・・・)のが、ちょっと予想外でした。

住んでからわかった残念ポイントでした。。。

窓向こうに見える隣との距離もあったので、良かったのですが、お隣の家が近い場合は、窓の位置、大きさ、種類等、事前によくよく検討されてくださいね。

内玄関

玄関から入って、家族専用の内玄関に入る場所につけた窓です。この部屋は、陽当たりもよくないので、うす暗い感じとなります。

・上げ下げ窓:上下にスライドして開閉
・サイズ:06011型
・不透明

3年以上住んでいますが、ほぼ開閉することがない窓となってしまいました。採光のためだけにつけた窓となっています。FIXでも良かったなと思っています。

外からも見られたくない部屋なので、不透明にしました。

余談「プチ情報」ですが、この窓のサイズ、県民共済住宅のお風呂(洗面所)の窓と同サイズのため、ロールスクリーンがお安く購入できました。こだわらない部屋は、コストダウンです。

玄関から見える廊下

風水上、玄関から真正面にある窓は運気が逃げるので良くない。

との風水の先生からのアドバイスをいただき、少しづらし、階段格子をつけ、細めの窓としました。

近くで見ると、こんな感じの細い窓です。

・防犯ガラス 縦辷り出し
・サイズ:03611型
・不透明

こちらは家の裏側(北)で、外から見られたくない位置だったので、不透明にしました。

我が家は、周囲に畑も多く、北風が吹くと土埃がひどいエリアでもあり、中に土が入り込んでくるので、家の裏(北)側の窓は、なるべく小さめ、少なめの方針としました。

1階洗面所

窓+スリット

こちらも、家の裏にあたり外から見られたくないので、不透明な窓にしました。

窓の目的の一つに採光がありますが、窓+スリットで良かった例を一つ。

設計士さんから、「廊下が暗いと思いますから、洗面所の壁はスリットにしておきましょう」とのご提案いただき、洗面所の壁をくりぬいています(スリット)。

さすが、設計士さん!このスリットがなかったら、廊下暗かったと思います。

・防犯ガラス 縦辷り出し
・サイズ:06011型
・不透明

1階トイレ

こちらも風水の先生アドバイスだったのですが、「トイレの窓は小さめで、高い位置に」とのことでした。

設計士さんからは、当初、こちらよりも大きな窓の提案だったのですが、小さい窓に変えた経緯があります。

・横すべり出し窓:窓の下側を室外側に押し出して開閉
・サイズ:06005型
・不透明

トイレの窓、換気扇の機能も高いため、そんなに開閉することもないです。

上部に窓を設置したので、立ったり座ったりする姿も窓に映ることなく、外も気になりません。

トイレの壁埋め込みの小物入れが小さいサイズのため、窓枠にお掃除グッズを置いています。

1階トイレの収納入れは、小さいサイズです。

3年以上使ってちょっと良かったと思う点。

それは、便座に座って、上部前方に窓があるので、窓枠に掃除道具を置いて、取りやすく、使いやすいです。

ちなみに、チョイ拭きスプレーと、お掃除シート置いています。

後編はこちらより

1階が思いのほか、長くなってしまったので、前編・後編でお届けします。

キッチン・リビング・ダイニング・和室は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tokotokoをフォローする
tokotokoすまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました