洗面所

LIXIL洗面台MV幅900タイプの使い心地(2階設置編)

スポンサーリンク

洗面台は、LIXILの標準仕様を1・2階に設置しました

3年近く使っていますが、シンプルで、収納量もあって、洗いやすく清掃性も良いです。

2階の洗面台と壁の隙間を埋める(コーキング?という)箇所が、ちょっと雑で残念だったけど・・・。

1階で利用している、幅750タイプは、こちらをご覧ください。

2階洗面台

設置場所

こちらも、1階同様トイレ前の設置となりました。

洗面台は、トイレ前に設置

そのため、1階同様、2階もほぼ、トイレの手洗いボール、家族は利用していません。
トイレ、スッキリと手洗いなしでも良かったかなと思いますが、標準では選べないんですよね・・・。

追加費用でなかったら、手洗い無しを選んでいました。

洗面台は、脱衣所から出したかった

我が家は、洗面台を脱衣所ではなく、独立させたかった。
理由は、子供も大きくなると、お風呂に誰か入っている時、洗面台使いづらいかなぁと思い、脱衣所には設置しませんでした。

※洗濯機・ガス乾燥機、下着類、タオル類の収納場所を優先させた結果、脱衣所に入らなかったとも言えますが・・・。

私の実家は、風呂・脱衣所と洗面台が同じ場所にあったため、お風呂の着替えなどで、父親と鉢合わせするシーンが、かなり嫌だった記憶もあります。

なので、絶対、別の場所に設置したかったので、出来て良かったです。

幅900タイプ

2階は、スペース確保できたので、幅900の広いタイプでホワイトを設置しました。

上部には、標準でついてくる吊り収納棚が設置されています。

設計士さんのオススメにより、横に台を設置できました。
図面では、笠木付H1100との記載です。

洗面台横には台を作ってもらいました

飾りやタオルなど置くのに重宝しています。ちょっとあるといいですよね。掃除の観点から見ると、ほこりたまるので拭くのが、面倒ですけど・・・。

でも、この壁がないと水が飛び散っていましたので、設計士さんのご提案に感謝です。

こちらも、両サイドともに、洗面台用の防水タイプの壁が取り付けられています。

収納

幅が広いので収納量も1階よりあります。

フルスライドタイプ

こちらも、上段は浅め、下段は深めの収納です。
掃除後で、空っぽです。。。

収納トレイのお手入れ

鏡裏の収納トレイは、外すことができて、お手入れすることができます。
トレイの位置は高さを、自分仕様に変えることができるので背の高い化粧品・ボトル類なども入れられて便利です。

大掃除の時には、収納トレイは外して丸洗いできました。

コーキングが雑でちょっと残念だった・・・

コーキングとは、壁と洗面台の間を埋めている箇所です

洗面台横も水がこぼれないようにしっかり、補強していただけました。

しかし、少し残念な所がありました。

これは、この施工された業者さんによるところだったんですけど、1階は、そんなことなかったのですが、2階だけ、何故か、ボコボコだったんですよね。。。

入居前に、しっかり言えば、修正していただけたかもですが、まぁ、いっかな性格で・・・。
そのままにしてしまいました。

まとめ:LIXILの洗面台は、標準でも満足でした

洗面台に関しては、サイズ違いを1・2階に設置しています。
5人家族なので、子供も大きくなると同時に利用することもあると想定してです。

県民共済住宅では、2台目からは、追加費用(12万円)が発生します。

LIXILの洗面台、どちらのサイズ使い心地、収納、清掃性ともに満足です。

1階の洗面台についは、こちらをご覧ください。

1階の洗面台も良いです

参考になると嬉しいです。

というわけで、以上となります。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

あなたのおうちが、快適で素敵な空間になりますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tokotokoをフォローする
tokotokoすまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました